安心して中絶手術を受けたい人のための京都の病院ガイド

HOME » 中絶手術に対応している京都の病院・クリニック » 医療法人倖生会 身原病院

医療法人倖生会 身原病院

身原病院HP
画像引用元:医療法人倖生会 身原病院公式HP
http://www.mihara.com/

女医も毎日在籍する女性のための京都のクリニック「医療法人倖生会 身原病院」。

次の妊娠を考慮した、女性の心に寄り添った中絶手術を行なっています。

実績豊富な産婦人科・京都の身原病院とは

「阪急上桂駅」から徒歩1分の位置にある「医療法人倖生会 身原病院」は1969年開院の地域では有名な病院で、実績が豊富なのが特徴です。2011年にリニューアルオープンし、清潔で最新の医療機器を揃えつつも女性がくつろげる内装。良い意味でアットホームな対応力があるので、病院というと緊張してしまう人にもおすすめです。

産婦人科と婦人科、不妊治療を中心に手掛けており、中絶手術も女性の気持に寄り添い、今後の妊娠などそれぞれの事情に考慮して行なわれています。

名前ではなく番号で呼ばれる制度なので、周囲の人に名前が知られることもありません。こういったプライバシーへの配慮は徹底しており、受付や待合室、診察室はすべて産婦人科とは別に設けられています。診察室も完全個室で、回復室などもプライバシーを重視した設計です。

院長は男性ですが、女性の医師が毎日在籍しています。女性の医師に任せたい、プライバシーを守りたいという方にとっては、安心できるクリニックといえるでしょう。

さらに身原病院は母体保護法指定医が配属している医療機関ですので、中絶による母体への健康面や精神面での影響を最小限にケアすることができる点も大きな安心材料となっています。

病院には無料駐車場が10台分用意されていて、アンパンマンのキャラクター自動販売機が置かれてあるキッズスペースや託児所も設けてあります。小さなお子様連れの場合でも、マイカーを使って来院して、お子さんを担当スタッフの方にお願いし、落ち着いた状態で診察が受けられるのでとても安心です。

なお身原病院で診療を受ける際、事前に予約を入れても確約とはなりませんので注意しましょう。予約に関しては、あくまでも優先的に診察するといった扱いになっています。

それから、妊娠中期の中絶の場合2日程の入院が必要となりますが、入院病棟はちょっとしたホテル並みのホスピタリティで、アメニティーも充実していますから、リラックスして入院することができます。家族とともに宿泊ができる部屋も用意されていて、ご主人にそばに付いていてもらうことも可能です。

初期妊娠は日帰り手術で

手術は将来的な妊娠を考慮して行なわれます。妊娠初期(6~9週目)の場合は、処置は日帰りで行なわれます。母体への負担も少ないことから、できるだけ早めに相談に行くといいでしょう。6~9週目の場合、費用は術前検査を含まず10万円です。

6~9週目までの日帰り手術は、朝の9時来院し、必要な処置を施して数時間待機しますが手術の時間は数分です。術後1~2日は自宅で安静にし、術後7~10日後に診察を受け、万一の合併症などがないかどうかを確認すれば終了です。

妊娠中期(12週以降)の場合は、分娩に近い形の手術が行なわれるので2日程度の入院が必要です。この場合は費用はおよそ30万円です。母体保護法で人工妊娠中絶は21週までと決められていますが、その妊娠21週(21週6日)まで対応しているのもこの病院の特徴です。

最大限、子宮を傷つけない処置が行なわれており、痛み止めや静脈麻酔、ガス麻酔を用いた「無痛」の手術で、麻酔科医が在籍している点も安心できます。

身原病院での人工妊娠中絶術の方法は手術が基本です。投薬による方法もありますが、国内では薬物法への制限が厳重であり、母体への影響を考えても手術の方が良いとの判断です。実際、妊娠6~9週の初期中絶術の場合では、子宮内の胎児がまだ小さいので安全で簡易な手術とのことで、日帰り手術が適応できるそうです。

日帰り手術の手続ですが、まず婦人科で受診し、検査で正常妊娠かどうかを診ます。診察代は約2〜3万円程度となりますので用意していきましょう。そして担当医による中絶手術の説明をしっかりと受けて手術に臨む形です。

当日の手術に必要なものは、診察券・同意書・手術費用・生理用ショーツ2枚・生理用ナプキン5個とあります。この同意書ですが、本人とパートナーの自筆記入と各々別の印鑑(シャチハタは無効)の捺印が必要となりますので要注意です。

妊娠中絶手術には合併症の心配もありますが、当院は母体保護法指定病院ですので、術後のケアもしっかりしていて安心できるでしょう。

身原病院の評判は?

クリニック待合室

女性の医師は毎日1~2名在籍しています。もちろん医師の指名もできます。各医師の診察時間については、ホームページに明記されているので、女医に診察してほしい方はチェックしておきましょう。担当は婦人科になります。

また月・水・金曜日は18~20時までの夜間診療も行なっていますが、この時間も曜日によって婦人科に女医が在籍しています。都市立病院医長の経歴があり、胎児ドックなどで実績がある身原正哉院長を希望する患者さんも多いそうですが、希望すれば診察から手術までをすべて女医が担当してくれます。

医師の実績やスタッフの経験も豊富で、レベルの高さや対応の良さも有名な病院です。「医師やスタッフが優しい」「対応が細かく親切」「この病院なら信頼できる」といった口コミも多く見られます。

中絶を行なう患者にはカウンセリングもあえて淡々と行なうなど、患者のニーズや心情を汲み取ってくれる細やかさも。プライバシーを守りつつ、安心して処置を受けたい方に最適な病院だといえるでしょう。

総評

妊娠中絶に関しては妊娠6~9週の初期にする方が良いとされていますが、独りで悩む苦しさなどから決心がつかず、後で遅い決断を後悔される方が多いと言います。

そこで、女性医師が心のケアまで考え、個々の事情を十分に配慮して親身に対応してくれると評判の身原病院がやはりおすすめでしょう。

プライベート重視の設備・診察方法・実績と技術力に勝った専門医によって、安心で安全な施術が受けられます。

医療法人倖生会 身原病院
住所 京都市西京区上桂宮ノ後町6-8
アクセス 「阪急上桂駅」徒歩1分
対応週数 21週6日まで
手術費用 100,000円~
女医在籍 毎日1~2名(指名可能)
診療時間 月・水・金/9:00~12:00 18:00~20:00
火・木・土/9:00~12:00
診療内容 産婦人科、婦人科、不妊治療
ホームページ http://www.mihara.com/fujinka/abortion
 
京都で選びたい病院・クリニック【中絶手術編】