安心して中絶手術を受けたい人のための京都の病院ガイド

HOME » 中絶手術後の生活と注意点

中絶手術後の生活と注意点

術後は入浴していいのでしょうか。生理は?セックスは?

…こんな疑問を持たれる方は多いと思います。手術は初期であれば手術の時間は5〜10分、病院の滞在時間も3時間程度です。そのため、普段通りの生活を行なうことができます。ですが術後は、心身ともに大切にしなければいけません。

中絶手術後に身体をいたわる意味

中絶手術後は、初期・中期に関わらず2~3日は安静に過ごすようにしてください。身体は元気でも子宮内は傷ついています。傷ができているということは細菌の感染が起こりやすいということ。傷を早く治すためには、安静にしていることが大切です。

術後は10日程度出血します(人によっては2週間程度)。とくに術後2日目以降に血液の量が増えることが多いようです。

また、人によっては生理痛に似た痛みが起こることがあります。この痛みが3日経っても治まらない場合は炎症などを起こしていることが考えられるので、受診するようにしてください。

心のケアも必要です。できるだけゆっくり休み、リラックスして過ごすことを心掛けてください。人によっては前述した「中絶後遺症候群(PAS)」という後遺症を引き起こしかねません。これは中絶のストレスが引き起こす症状で、うつ状態や不眠になることがある深刻なものです。

まずはあれこれ考えずしっかり休息をとるようにしましょう。そして気分や体調がしばらく経っても優れない場合は、早めに受診するようにしましょう。 

 
京都で選びたい病院・クリニック【中絶手術編】